TOP > 環境活動 / 油化装置出展イベント > アラスカ チナ再生可能エネルギーフェアー

アラスカ チナ再生可能エネルギーフェアー

8月14日(日)アラスカのチナ温泉リゾートで開催された再生可能エネルギー フェアーに社長の伊東と営業部長の滝沢が参加して参りました。
米国アラスカ州第2の都市、フェアバンクスから北東に約100Km行くとチナ 温泉リゾートがあります。 その温泉リゾートのオーナーのカールさんがリサイクル会社も経営されており、 アラスカに油化装置を普及させようと二人をフェアーに招待して下さり、 社長が講演を致しました。
  当日は雨が降ったり止んだり、日がさしたりの不安定な天気でしたが田舎としては かなりの人出がありました。 また、カールオーナーのお力で上院議員やアラスカ州の副知事、地元の市長や はるばるサイパンの知事までが出席され講演を行い成功裏のうちにフェアーを終えました。
アラスカではゴミは全て埋め立てられるので、特にプラスチックゴミが油に戻る 技術や話には非常に高い関心を示してくれました。
カールオーナーの話では、油化装置販売のための営業部隊を作り、アラスカに ある240の村に卓上タイプのBe-hを販売し、要所要所に連続タイプの油化装置を 導入する計画です。 その前に、チナ温泉リゾートに10Kg/時間のB240を設置し 展示とデモ運転をしたいと話されていました。
アラスカではガソリンやディーゼル油の値段が非常に高いため、また冬場はマイナス 40℃になるので油はいくらあっても有難いという土地柄ですので、大いに期待できるマーケットだと確信しました。
フェアバンクス滞在中は、カールオーナーを始めとしてチナ温泉リゾートの森様、時田様には 大変お世話になりました。 この場をお借りして、改めてお礼を申し上げます。

チナリゾートでお客様を送り迎えしている雪上キャタピラー車がフェアバンクス空港に展示されていました。 カールオーナーが中古車をリサイクルしたものです。
雪上キャピタル車の前で、伊東と滝沢が記念撮影。後ろはアラスカの白熊の剥製です。


空港からチナリゾートに行く途中で見つけたゴミの集荷場。分別ゴミ箱ですが、日本と違って分別は大まかでした。
チナリゾートに向かうときに出会ったメスのムース。オスのムースの方が臆病なので、人前にはなかなか現れないようです。
チナリゾートのレストランですが、百夜なので午後10時でもこの明るさです。

チナホットスプリングリゾートの露天風呂。50mプール位の広さで、夜12時まで楽しめます。もちろん、水着着用です。
ブース展示前のBe-hの試運転の様子。伊東の後ろが今回大変お世話になった森さんと、黄色いジャケットの時田さんです。
ゲストの講演前に前座で演奏している地元のミュージシャン。

講演の開会式で挨拶をするカールオーナー。
カールオーナーのアップの写真。
いよいよ伊東の講演が始まりました。Be-hを使って身近なプラスチックの油化について話しました。
会場には大勢の方が集まってくださいました。

講演後、主催者のカールオーナーと握手。わかりやすく非常に印象に残る講演だとの評価を大勢の方からいただきました。
無料で飲食物を提供するコーナー。 ホットドッグ、スープ、牛乳、ジュースなどがサービスされました.

ブレストのブースには大勢の方が集まってくれました。プラスチックの油化の話を聞くために、約700km離れた漁村から飛行機を乗り継いで来られた熱心な方もおられました。
地元のスタッフ、ジェフさんも説明に加わりました。



プラスチック油を手に、米国のLisa Murkowski上院議員に説明するカールオーナーと伊東。
地元のTVインタビューに答える伊東と通訳の時田さん。
チナリゾートにあるアイスミュージアムの前で記念撮影。チナリゾート内の電気は全てカールオーナーが開発した地熱発電で賄われています。
アイスミュージアムの前でノースポール市の市長さんと記念撮影。

アイスミュージアム内の馬と騎士の氷の像。

アイスミュージアム内で、カクテルを振舞うカールオーナー。
カールオーナー特製のカクテルを楽しむゲストの皆さん。カクテルグラスはもとより、テーブル、椅子、シャンデリア、全てが氷の彫刻でできています。
カールオーナーのリサイクル会社(K&Kリサイクル社)の敷地。アラスカ各地から不要の機械や車や重機などを集めてリサイクルしています。
Kリサイクル社のこの工場では、古紙を固形燃料に変える機械が稼働していました。
カールオーナーの自家用飛行機でフェアバンクスとアンカレッジを往復しました。
アンカレッジのプライベート飛行場でアラスカ州副知事と記念撮影。

天気が良く、幸運にもマッキンリーの山がはっきり見えました。ここにあの植村直己さんが眠っています。
の川のように見えるのが、マッキンリー山近くの氷河です。
中央の2本の白い部分が氷河です。

アンカレッジから戻ったあと、カールオーナー主催の晩餐会に招待されました。
サイパン州知事ご夫妻と記念撮影。

時期、見えないはずのオーロラが、微かですが写真に撮れました。伊東が午前0時30分から待つこと2時間でやっと撮れた奇跡の写真です。
8月16日午前5時のフェアバンクス空港での朝焼けです。午前6時15分発のアラスカ航空便で帰国の途につきました。