幡豆小学校(愛知県) 環境授業

2009年6月25日
愛知県幡豆町立幡豆小学校4年生に環境授業を行いました。 授業ではプラスチックを元の石油に戻す実験(原料の投入から生成油の使用まで)や、ゴミの減容実験なども行いました。

今日の講師はNPOスクール油田の江澤さんです。
幡豆小学校の4年生を対象に環境授業を行ないました。
原料となるキャップは児童達が集めてくれました。
また、そのキャップは児童達の手で油化装置に投入してもらいました。
授業の中では発泡スチロールを使ったゴミの減溶実験も行ないました。
授業の最後には出来た油を児童達に取り出してもらいました。