東幡豆小学校(愛知県) 環境授業

2009年6月24日
愛知県幡豆町立東幡豆小学校4年生に環境授業を行いました。 授業ではプラスチックを元の石油に戻す実験(原料の投入から生成油の使用まで)や、ゴミの減容実験なども行いました。

2日間に渡り東幡豆小学校と幡豆小学校で授業を行いました
今回の講師はNPOスクール油田の江澤さんです

授業の前に原料のキャップを投入をします

今回は一人8個ずつ原料のキャップを持ってきてもらいました
フタを閉めてこれから実演をします
さあ!これから授業を始めます
ガラス管に油が溜まり始めました 分かるかな?

ガラス管に溜まっている黄色の液体がキャップから作った石油です
この瓶にガチャガチャの容器はいくつ入るかな?
発泡スチロールの減容実験も行いました
キャップから作った油を取り出しました どんな臭いがしたかな?
最後にランタンに油を入れて火を灯しました