「第11回三協ほたる祭り」(静岡県富士市)

2015年6月6日(土)
株式会社三協様(本社:静岡県富士市)にご依頼いただき、「第11回三協ほたる祭り」において卓上型油化装置Be-hを出展させていただきました。 多くの模擬店、野菜の販売、大道芸人さん達のステージショーやミニ新幹線など、楽しい企画が盛りだくさんの中、弊社ブースでは、プラスチックを油化装置により油へと処理し、専用発電機の燃料として使用する様子をご覧いただき、廃プラスチックのリサイクルと油化処理による有効活用についてPRさせていただきました。 また、発電された電力によりポップコーンマシンを動かし、ペットボトルキャップを持参いただいた来場者の方に美味しいポップコーンを提供させていただきましたが、事前告知のお陰で、たくさんのペットボトルキャップをご持参いただき、ポップコーン容器として使用したプラカップの回収量と合わせると12.2kgものプラスチックを回収することができました。 この回収されたプラスチックを油化し、発電燃料として使用することを想定すると、当日のイベントにおける弊社ブースの電力(Be-hとポップコーンマシン2台稼働)を全て賄えたこととなります。 株式会社三協の皆さん、楽しいイベントにお呼びいただき誠にありがとうございました。

会場入口です。 ご家族連れの社員さん、近隣の方など、多くの方がお越しになりました。
お昼時の模擬店は大行列!! スタッフさんも大忙しです。
ブース準備完了!! 発電機の電力によりBe-hとポップコーンマシンを動かします。
ブースの前をミニ新幹線が通過します。 皆さん楽しそう♪
「プラスチックが油になる。」 皆さん、興味津々で説明を聞いています。
子供達もポップコーン片手に油ができる様子を見ています。
お隣り富士宮市のキャラクター「さくやちゃん」もブースを訪れてくれました。
日も暮れて、いよいよ蛍の見物です。 敷地内にビオトープがあるなんて素敵ですね。