TOP > 環境活動 / 油化装置出展イベント > HSE マネジメント研修

HSE(Health Safety Environment)マネジメント研修(ブレスト社)

2015年12月9日(水)
今回は、HSE(労働衛生・安全・環境)マネジメントという研修テーマに基づき、国際協力機構(JICA)および一般社団法人中部産業連盟の共催で、 イラク共和国からの10名の研修生に対し、「廃プラスチックから石油が生まれる」というタイトルで講演を行いました。
イラク人研修生は、イラク南部精油所の技術者で「Health/Environment Department」(国家公務員)の所属です。
講演は、卓上型油化装置Be-hで実際に廃プラスチックを油化する実演を行うとともに、世界のゴミの現状や弊社の取り組みなどについて説明しました。  また、工場で出荷を待っているNVG-200を見学していただきました。

研修がスタートしました。
海外のゴミ事情や取組みについて説明しました。
皆さんとても熱心に聞いています。

発泡スチロールの減容実験を体験してもらいました。

卓上型油化装置Be-hの仕組みを説明しました。

次は工場に移動して連続式油化装置NVG-200の仕組みを説明しました。
タッチパネルで簡単に操作が出来ることを説明しました。
最後に皆さんと記念撮影です。