TOP > 環境活動 / 油化装置出展イベント > 伊勢原市立大田小学校

伊勢原市立大田小学校

2013年5月7日
大田小学校でスクール油田を行いました。 今回は、油の材料として給食のパンのビニールを1カ月前から回収しました。 油化装置によって廃プラスチックから石油からでき、その油で発電機を動かして扇風機を回しました。 先生方や保護者の方・子どもたちも実際に行われている循環サイクルに感心されていました。
また、タウンニュース伊勢原版にこのスクール油田の記事が掲載されました。

環境授業が始まりました。
授業を真剣に聞く子供達。
発泡スチロール減容実験です。
油化装置にパンの袋を入れてます。
できた油を取り出しています。

油は発電機を通して扇風機の電気に生まれ変わりました!
タウン・ニュースさんの取材が入りました。
発電機は新日本建販さんにご協力頂きました。