伊勢原市 公園緑花まつり・いせはら環境展

2013年5月12日(日)
伊勢原市の総合運動公園にて「公園緑花まつり」、体育館にて「いせはら環境展」で出展いたしました。 当日はお天気にも恵まれて公園ではテント下で大田小学校で集めてくれた給食のプラゴミ(パン袋とストロー袋)からできた 油で発電機を動かして作ったポップコーンをボトルキャップと交換しました。
体育館では卓上型油化装置を動かしながら、来場された方に装置についてのご説明をしました。 皆さんとても興味を持たれて足を止めていただき、とても賑やかなブースとなりました。


会場入口の様子です。


体育館内の展示会場です。
外のテントでは油化した油を発電機の燃料としてポップコーンを作り、来場された方にボトルキャップと交換しました。

展示レイアウトです。


ボトルキャップを持ってきた子どもたちも油化装置に興味深々でした。

伊勢原市の大田小学校の給食プラゴミでできた油を燃料にしてポップコーンを作りました。
大人から子どもまで環境について楽しみながら学んでいました。

油化装置のしくみについて説明している様子です。 とても関心高く興味を持っていただけました。