TOP > 環境活動 / 油化装置出展イベント > かながわの中心で、エコをさけぶ!未来への架け橋

かながわの中心で、エコをさけぶ!未来への架け橋(神奈川県)

2008年10月19日
神奈川県海老名市中央公園で行われた環境イベント『かながわの中心で、エコをさけぶ!未来への架け橋』に油化装置を出展・実演してきました。

今回のイベントでは、地球温暖化防止に向けた取り組みとして、県内7ヶ所【海老名ビナウォーク・七重の塔(海老名市、大船観音(鎌倉市)、小田原城(小田原市)、江ノ島灯台(藤沢市)、寒川神社(寒川町)など】で行うライトダウン、キャンドルナイトの実施、エコキャップ収集の他、トークセッションとして内野優海老名市長や元環境大臣小池百合子衆議院議員なども参加されました。

また、今回会場内で使用した発電機の燃料の大部分は、弊社の油化装置から作ったプラスチック油で運転しました。この油は、社団法人日本青年会議所関東地区神奈川ブロック協議会の方達が油化可能なプラスチックを集め、事前にブレストで油にしたものです。

今回の環境イベントは17時〜20時に行われました
油化装置Be-hを3台展示、内2台運転しました
伊東社長が油化ブースの説明を行いました

油化ブースには甘利明行革・公務員制度改革担当大臣が訪れ熱心に話を聞いていかれました
子供から大人までたくさんの方達がブースに来てくれました
伊東社長の説明をみんな真剣に聞いてくれています
トークセッションTでは内野優海老名市長と神奈川ブロック協議会柴田正隆会長の対談が行われました
トークセッションUでは小池百合子衆議院議員とハイスクール議員委員長の椿秀雄君の対談が行われました
海老名市ビナウォーク内にある七重の塔もライトダウンしました
ライトダウン中にはキャンドルナイトを実践しました