神奈川大学講演

2014年6月18日(水)
今年も神奈川大学湘南ひらつかキャンパスにて、卓上型油化装置Be-hの実演をするとともに「循環型社会論」の授業を行いました。 弊社の最近の海外導入事例とともに「プラスチックの標準化」について、イベントでの取り組みなどについて講演しました。

神奈川大学湘南ひらつかキャンパス

マスコミから取材を受けた映像を観ていただきました。
海外での取り組みおよび導入事例について説明しました。
廃プラをいかに小さくするかの取り組み実験に参加していただきました。
世界各地のゴミの現状およびプラスチックごみを減らすために私達ができることを説明しました。
受講生に発泡スチロールの減容実験をしてもらいました。

溶液で発泡スチロールの空気を抜く体験をしていただきました。
最後に卓上型油化装置Be-hでできた油を受講生に抽出して確認してもらいました。