「第14回菜の花まつり」(兵庫県神戸市 灘浜緑地)

2015年3月14日(土)
神戸市の灘浜緑地で開催された「第14回菜の花まつり」に卓上型油化装置Be-hを出展しました。 模擬店、野菜の販売、子供向けゲーム、5インチ鉄道、灘レンジャークイズラリーなど盛りだくさんの企画のひとつとして非営利特定活動法人 神戸TAC教育研究所様の環境教育ブースが設けられました。 来場された大勢の皆様にプラスチックのリサイクルや有効利用などについて認識していただきました。

神戸TAC教育研究所の理事長様にペットボトルキャップをBe-hに入れていただきました。
プラごみは分別すれば、内燃機関にも使える油になり資源になることを皆様に説明しました。
油化装置やできた油について説明を行いました。
卓上型油化装置に加え、連続式油化装置についての提案などを行いました。
環境教育ブースでお手伝いいただいた神戸TAC教育研究所の皆様です。 ありがとうございました。
時折小雨がパラつく天候でしたが、たくさんの来場者がいらっしゃいました。

平成13年に菜の花が灘区の歴史の花として選定され、14年3月に第1回菜の花まつりが開催されました。今回は14回目になります。
ゲーム、5インチ鉄道、クイズラリーなど様々な企画が催されました。