徳之島(鹿児島県) 第三回環境授業

2010年2月15日(月)〜19日(金)
徳之島にて、小中学校を対象とした環境教育を行いました。 最終回となった今回の環境授業は4校の小学校と2校の中学校を対象としました。 今回でブレストが実施する環境授業は終了しますが、今後は徳之島愛ランドクリーンセンターで継続されるそうです。 ブレストはフォローする形で関わっていきます。 環境授業を進めていく過程で協力して頂いた大勢の方々に深く感謝いたします。ありがとうございました。

会場:天城町立北中学校 113名全員が真剣に話を聞いてくれました。 スポーツがとても強い学校で、学生はエネルギーに溢れていました。環境活動も頑張って欲しいですね。
会場:徳之島町立手々(てて)小中学校 発泡スチロール減容実験は長蛇の列です。 仲良く順番に体験してもらいました。 感想文も一生懸命書いてくれました。
会場:徳之島町立亀津小学校 社長の話を真剣に聞いてくれました。 ゴミの分別がリサイクルの第1歩ということを理解してくれました。家庭で実践してほしいですね。
会場:天城町立天城小学校 授業の最後にペットボトルキャップからできた石油を取り出してもらいました。実際に見て触ったりする体験を通じてリサイクル習慣をつけて欲しいですね。
会場:徳之島町立亀徳小学校 とても元気のある子どもたちで、楽しそうに授業を受けてくれました。「お母さんにプラスチックが石油になるって教えてあげるんだ!」という児童もいて、今後の徳之島に期待してしまいます。
会場:天城町立東天城小学校 教本を片手に真剣に社長の話を聞いてくれました。 なぜ石油ができるのか、その石油は何に使えるのか活発な質問が飛び交いました。3Pの分別にも積極的に関心を示していました。
徳之島愛ランドクリーンセンターに設置した、 卓上油化装置Be-hです。 環境授業期間中、フル回転で使用しました。

クリーンセンター職員お手製の分別マップです。 油化できるもの、できないものの【現物】が分かりやすく貼られています。環境授業では重宝しました。
環境授業期間中、軽トラックに環境授業の荷物を積んで学校に向かいました。 物品の搬入搬出、移動には必ず必要な車でした。
徳之島にはハブが生息しています。 環境授業期間中は、お目にかかれませんでしたが、血清用に捕獲したハブを見せていただきました。
帰り道で発見しました。 徳之島の隠れキャラクターの「ゴリラ岩」です。 ゴリラの横顔に似ていますね。

徳之島では闘牛が盛んです。 夕方になるとトレーニングのため道を歩いている姿が見れます。すごい迫力と存在感でした。