TOP > 環境活動 / 油化装置出展イベント > つながるくさなぎ冬フェス

つながるくさなぎ冬フェス  (静岡市清水区草薙駅前商店街通り)

2014年12月14日(日)
草薙商店会が毎年主催している歳末感謝祭最終日に、産(地元企業、商店会)・学(静岡県立大学、常葉大学、静岡大学)・官(静岡市、県立美術館)・民(周辺自治会)で組織する「つながるくさなぎ実行委員会」との共催で、複数のブースやステージを設けて「つながるくさなぎフェス」が開催されました。
その会場において、「くさなぎ石油発掘」の企画のもと、エコパーティー様の車載した連続式油化装置を展示して、ペットボトルキャップから油を作り、発電機の燃料に使用してポップコーンマシンを動かして、環境教育のお手伝いをいたしました。

エコパーティー様のトラックには、油化装置、蒸留機、発電機を搭載しています。

ペットボトルキャップから油を作り発電機で電気を作って、ポップコーンマシンを動かしています。
油の原料となるペットボトルキャップをお持ちいただきました。
たくさんの来場者の皆様は、ペットボトルキャップが油になることをご理解いただきました。
来場者の皆様に油化装置の説明を行いました。

油化装置に関するご質問に対して、説明いたしました。
油化装置でできた油を熱心に見ている来場者達。

プラスチックごみは選別して油化装置に投入すれば、貴重な資源になることをご理解いただきました。
たくさんの来場者の皆さんに、発泡スチロールの減容実験に参加いただきました。
たくさんの来場者の皆さんに、油化装置をご理解いただきました。